風水で選ぶ

風水で選ぶ革財布と財布の色について

財布は風水の上では3年毎に買い替えた方が良いという事になっています。古くなってしまった財布には、金運が訪れてこないと言われているためです。そのため、買ってから3年程度で買い換える方が良いのですが、その際、風水のことを考えると、財布の色や素材にも気をつけなければいけません。金運が訪れてくる財布と、金運が訪れてこない財布があるのです。

素材で良いのは、革財布です。合皮の財布はNGとされています。本革の革財布でなければいけません。それも出来るだけ高級な皮を使ったものの方が良いとされています。クロコダイルの革財布は今の金運を維持してくれます。また、牛の革財布も貯める力がありますし、オーストリッチ革財布は増やして貯める力があります。

財布の色も気をつける必要があります。革財布の色は様々なものがありますが、金運が訪れるものと、訪れてこないものがあるのです。金運が訪れてくる色は、ベージュ、茶色、ピンク、黒色、ゴールド、黄色です。それぞれ訪れてくる金運が違うので、自分が望むことで選ぶようにしましょう。ベージュはお金を生み出して貯めてくれる色なので、お金を増やし貯めたいと思っている人には最適です。

一番無難な色と言えるでしょう。茶色はベージュよりも貯蓄の力が強くなるので、とにかくお金をタメたい人に向いています。ピンクは自分の力でお金を増やすよりも、他力本願で増えていく色です。黒色は今あるお金を守る色なので、十分お金はあるから今の状態を維持したいと願っている人に向いています。
ゴールドは金運にはいい色ですが、ギャンブル好きな人には向いていませんので、ギャンブル好きな人は避けるようにしましょう。黄色は色合いに注意が必要です。真っ黄色はお金が勢い良く出ていってしまうので、黄土色ぐらいが丁度よい色あいと言えるでしょう。

逆に、金運が訪れてこない色は、赤色、青色、緑色です。これらの色の財布はお金が増えませんし、貯まりません。出ていく一方になってしまうため、避けた方が良いでしょう。とくに、赤色は要注意です。赤色の財布は金運が最も訪れてこない財布です。その他、金運を完全にリセットしたいと願っている時は、白い財布が良いです。

このように、風水で色や素材をしっかり選んで財布を買うと、金運が訪れてきます。最近、金運がないなと感じている人は、財布を買い換える時、財布売り場でじっくりと色や素材を見てから買うようにしましょう。

Copyright© 6pm06Asia/Tokyo 長財布の便利な使い方 All Rights Reserved.