二つ折りの革財布

二つ折りの革財布

日本人は物に対して強い拘りを持つものです。特に日本人は機能性や耐久性、フォルム、デザイン性、コンパクト性、フィット感、持ち運びのしやすさなどを財布に求めたりするものです。財布はバッグや携帯電話と並んで毎日外に持っていくアイテムであり、様々な拘りを持って財布を探し求めるのは当然のことと言えるでしょう。財布にはがま口タイプの昔ながらのレトロなものがあります。この財布は開口部が大きく開き、財布の中身が非常に見やすいものとなっています。ただお札は小さく折りたたんで収納しなければならず、お札の管理をするのには不向きと言えるのです。また財布のなかの間仕切りも少なく、カード類の整理ができず、現代の生活には不向きな財布と言えます。またがま口タイプの財布は、そのがま口が金具でできており、重みもあるものです。なおかつそれをポケットに入れると、がま口の金具がゴロゴロし、体を刺激して痛いものです。現代においては実用性にかける財布といわざるを得ません。また最近では長財布が見られるようになりました。長財布も開口部がファスナー式で一気に大きく財布を開け、中身を見ることができます。間仕切りが小銭入れになり、その左右にたっぷりお札を入れることができます。財布の側面は全てカード収納になっており、ポイントカードやクレジットカード、保険証や免許証に至るまで多くのカードの整理に最適です。財布の中身の管理、整理に最適な長財布ですが、最大の欠点はその財布の大きさ、かさ高さです。洋服やズボンのポケットにはけっして長財布はおさまりきりません。かさ高いために持ち運びが非常に不便なのです。こうした場合にもっとも適する財布が二つ折りの革財布です。二つ折りでき手にコンパクトにおさまるこのサイズは、ズボンのポケットなどにも入れて持ち運びが出来便利です。また革財布であるために、ズボンのポケットに入れたりしても、傷やほつれが滅多に起きたりはしません。コンパクトでありながらカードの収納、小銭入れ、札入れ全て兼ね備えているのです。二つ折りの革財布は男女兼用で使え、日本で最も普及している普遍的で定番のお財布と言えるでしょう。特に男性はこの二つ折りの革財布を持っている人が多いものです。特にクロコダイルのように牛革に型押しのデザインがされたものが人気となっています。カラーは黒が定番であり、冠婚葬祭、TPOなどどんなシーンでも持っていって恥ずかしくない財布であるからです。また革財布は使い込めば使い込むほど手に馴染み、よい艶や色が出るものです。日本人の拘りの条件を全て兼ね備えたこの財布は、今後も多くの人に愛用されていくことでしょう。

Copyright© 4pm04Asia/Tokyo 長財布の便利な使い方 All Rights Reserved.