ブランド財布のススメ”

財布を選ぶのなら断然ブランド製

人は意外と他人の持っているアイテムに敏感に反応します。特にバッグや時計、靴、ジュエリー、財布といった小物は、自分が思っている以上に他人は注意して見ているものなのです。人間は、他人がどういった服装をしているのか、どういったアクセサリーを身につけているのか、どんなバッグや時計をしているのかなどに着目し、その人がどういった素性の人間かを推測する心理が働くのです。特に初対面では相手を知る手がかりとしてこうした洋服や小物から相手のパーソナリティーや素性を探ろうとするのです。これを心理学では印象操作、印象形成と言うのです。例えば洋服やバッグ、時計、財布といった小物までにお金を沢山使える人は、お金持ちであったり、収入が高い人と即座に判断されます。そこから想像はふくらみ、医者か弁護しか、はたまた資産家か地主ではないのだろうかと素性を詮索するのです。またお金を沢山稼げるということは、知性や知能レベルも高く、良い育ちの人なのだろうと推測されるのです。そのため財布や小物まで気を抜かず、きちんとしたものを持っていることが、自分の格やクラスを向上させる効果があると言えるのです。出来るだけ初対面でも、その後のお付き合いでも良い印象を持って、人から接してもらいたいと思うのであれば、安物のバッグや財布は持たないほうが良いと言えるでしょう。出来れば誰もが知っている信用のある高級ブランドの財布などを持っていると、より自分を高めてくれるものとなり得るのです。ブランドでも高級ナイロンなどを使って財布を作られたりもしていますが、出来れば高級皮革製品を選んだほうが良いと言えます。格式高い場所、例えばホテルや料亭などで財布を出す時、ナイロン製であるか皮革製であるかだけでも、随分その人の印象は変わってくるものです。皮革製のものであると使えば使うほど、よいあめ色などになり、非常に手に馴染んで愛着も増すものです。皮革素材はオーストリッチやクロコダイルなども非常にお勧めです。それらは言わずとも知れた世界でも希少性の高い高級皮革であり、自分を位の高い人間であると演出したい場合にこうした素材のものを持っていると効果は絶大だといえるのです。ブランドとしてはエルメス、ルイ・ヴィトン、アルマーニ、ヴェルサーチ、シャネルといったところのものを持っていれば間違いないでしょう。これらのブランドメゾンであれば、財布のアフターケアや修理サービスも万全であり、半永久的に使い続けることができるのです。

Copyright© 4pm04Asia/Tokyo 長財布の便利な使い方 All Rights Reserved.